2009年06月07日

録音データを追加しました!

昨年、作曲者の助川先生の許諾をいただき、「復活日のプロパー」の録音データを公開してから早1年。多くの世代のOB/OGの共通言語であるこの曲を共有することで皆さまに懐かしんでいただければと思い、掲載する曲の一発目としたのですが、何人もの方からポジティブなコメントをいただいております。ありがとうございます。

いい曲は、このように語り継いでいきたいものですね。
(とはいえ、現在の立教チャペルでは残念ながら演奏されていませんが・・・)

さて、今回は新たにいくつか曲を追加しました。
必ずしも多くの世代が知っているものではないかもしれませんが、録音に参加した当事者としては、演奏のクオリティの関係上なかなか表に出す勇気が出せないものです・・・。よろしければ、どうぞお楽しみください。

また、今回はStanford Universityでの演奏会の録音に加え、2000年に行われた奉唱会、マタイ受難曲の録音データもアップしております。

この演奏は、とある有名な指揮者先生をして、「この時期にプロの団体も含めいくつものマタイの演奏を聴いたけど、立教のが一番魂がこもっていてよかった!」と言わしめたものです。特にコラールに込めるメンバーの熱く、暑く、厚い思いを感じ取っていただければ幸いです。
posted by TTHM at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121037659

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。